暗号資産ポルカドット(Polkadot)とは?|日本の仮想通貨取引所での買い方

Polkadot(ポルカドット)

日本市場ではあまり知られていない歴史の浅い仮想通貨ですが、グローバル市場では注目を集めている仮想通貨のひとつです。

その暗号資産 ポルカドット(Polkadot)が日本市場に上場するということで筆者も少し驚いています。

この記事のポイント
  • ポルカドット(Polkadot)は、Web3.0(分散型インターネット)を志すWeb3 Foundationによって考案されたプロジェクト
  • イーサリアムの共同創設者でイーサリアム財団(Ethereum Foundation)の元CTOであるGavin Wood氏らがボードメンバー
  • ポルカドット(Polkadot)のエコシステムで流通するネイティブトークンは「DOT」
  • ポルカドット(Polkadot)は、5月19日にGMOコインに国内初上場を果たした。
目次

暗号資産 ポルカドット(Polkadot)とは?

ポルカドット(Polkadot)のロゴ

ポルカドット(Polkadot)は、DeFiではありません。SNSで誤った情報を流す人がいるので注意しましょう。ポルカドットは金融関連銘柄ではなく、Web3.0(次世代インターネット)のプロジェクトです。

国内初! ポルカドットがGMOコインに上場

上記のツイートを受けてチャートをチェックしたところ、タイミングよくダブルボトムだったので、急いで飛び乗りました。ですが、5月18日からのベア相場で思うように伸びず残念です。

GMOコインからはメールでもお知らせがありました。

いつもGMOコインをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度GMOコインは、「販売所」「つみたて暗号資産」にてポルカドット(DOT)を取扱開始いたしましたので、お知らせいたします。

【ポルカドット(DOT)とは】

ポルカドットは、イーサリアムの共同創設者でイーサリアム財団(Ethereum Foundation)の元CTOであるGavin Wood氏らが率いるWeb3 Foundationによって考案されたプロジェクトおよびエコシステムの名称です。またポルカドットのエコシステムで流通するネイティブトークンを「DOT」と言います。

■取扱開始銘柄:ポルカドット(DOT)

■取扱開始日時:2021年5月19日(水)

■対象サービス:「販売所」「つみたて暗号資産」

※以下、省略

【GMOコイン】ポルカドット取扱開始のお知らせ 
コインチェック
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ひろのアバター ひろ ブログ管理人

フードデリバリーと仮想通貨、為替が大好きです。決して巣ごもり状態ではなく近所の商店街をぶらりと食べ歩くのも大好きです。ニューノーマルにおける食の楽しみ方とお金に悩まずに暮らすための奮闘を綴るブログです。

コメント

コメントする

目次
閉じる